IT系釣り人間

関西近郊での釣果や釣り情報を発信します

【補修シリーズ】ワーム補修 セメダイン スーパーX

今日は小ネタを。
ワインドやってるとバイトの仕方によってタチウオの歯でワームがズタズタになりますよね?

新しいのに付け替えて1匹目でこんな感じになると悲しいです。?

大体1本100〜150円くらいするワームが1匹でダメになるとコスパが悪いです。
エサ釣りだと某釣具屋の冷凍キビナゴは20匹入って500円としても1匹25円です。ウキ釣りで1匹釣り上げるのに4匹も使わないと思うんですよね。
そう考えるとルアーの方が手返しいいけどコスパが悪い事に…

と言う事で、ズタズタになったワームを修復する事にします。

補修材候補

調べてみると「Fix a Lure」が有名みたいですが1400円と高いです。

なるべくお金をかけずに直したいので代用できるものが無いか調べてみると…
ありました!

この「セメダイン スーパーX」で代用出来るみたいです。
これだと1本325円とワーム2、3本の値段です。

修復開始

早速修復してみます。
ボンドを爪楊枝の先に付けて傷口に塗り込んでいきます。

傷口をピッタリ付けて固定していなかったので少し間が開いてますが、曲げても割れてません。
※この写真は、接着してから24時間以上経過しています。

この「セメダイン スーパーX」は、硬化してもカチカチにはならずゴムのようになるので全く違和感がないです。
また硬化後も透明で違和感がほとんど無いです。

「Fix a Lure」は硬化時間が短いようですが、現地で直して使うケースってほとんど無いと思うので、次回釣行に間に合えば問題ないので「セメダイン スーパーX」で十分です。

乾かす時には下にビニール袋でも敷いておくと硬化してもすぐ取れるので良いです。

是非、今までズタズタになって捨てるしか無かったワーム達を蘇らせてみてあげて下さい。

おまけ

スーパーXシリーズはこんなにあるようです。

硬化時間はどれも24時間〜48時間と書いていますが、塗布してから動かなくなるまでの時間に違いがあるようですね。

タイプ 固定までの時間 硬化時間
スーパーX 1時間 24 〜 48時間
スーパーX2 記載なし 24 〜 48時間
スーパーX ゴールド 2分 24時間
スーパーX ハイパーワイド 1時間 24時間