IT系釣り人間

関西近郊での釣果や釣り情報を発信します

タチウオ関連 新製品 2017

2017年になって各社から新製品が出ているのでまとめてみました。
※と言っても自分の持っているメーカーさんの範囲ですけど・・・

あと、ショアから限定なのでオフショアの人はごめんなさい。

  • フィッシュアロー
  • オンスタックル
  • ジャッカル
  • ゴールデンミーン
  • ダイワ
  • エコギア
続きを読む

【釣行ログ】7/14 タチウオ@神戸空港ベランダ

タチウオ調査

神戸空港では昨年は8月頭にタチウオを釣りました。
ということで、ちょっと早いですが調査にやってきました。

ツバスが釣れる

現地にはPM6時過ぎに到着しました。平日の夕方とあって自由に場所が選べます。
とりあえず、ワインドとライトショアジギングの2本を準備します。
まだ、ワインドには早い時間なのでライトショアジギングを楽しみます。

数投すると、着水すぐに何かヒットします。
そんなに引かないなぁと思いながら回収すると25cmくらいのツバスが釣れました。

潮目っぽいのができていたので、そこを狙ってキャストします。
底をとって軽くシャクりながら回収すると、また何かがヒット。
今度は先程より良く引きます。期待できます。

が、釣れたのはまたもやツバス。良く引いたのは、尾ビレ付近にスレがかりしていて、魚が泳ぐ方向とは逆に引き合う形となっていたからでした・・・
サイズはさっきより大きく36cm。

タチウオ調査

少し陽が沈んで来たので、パープルゼブラのメタルジグでタチウオを狙います。
手前で、何かがヒットしたと思ったらまたツバス。
昨年は1匹も釣ったことがないのに今年は良く釣れます。

ワインドにチェンジしてシャクってると隣のおっちゃんが何か釣れたようです。
抜き上げの瞬間を見ると、タチウオが釣れています!
見せてもらうと指3.5くらいのタチウオがメタルジグで釣れていました。
聞くと遠投して底からシャクリながら回収してたら釣れたとのこと。

とりあえず、居ることが分かったのでやる気が出ました。
時合を逃すまいと、すぐにキャストしてシャクリます。
すると何か釣れました。正体は、ベルトサイズのタチウオでした。
すぐに大きくなって帰って来いよとリリースして、再キャスト。

もう1本釣れましたが、これもベルトサイズ・・・
あっという間に時合も終わり、何も釣れなくなりました。

まとめ

今日の時合はMP7:50頃でした。まだ少し早いのか魚影が薄いですね。
今日はゴミが漂流していて釣りづらい状況でしたが、タチウオの存在確認ができたので良かったです。
あと2週くらいすれば数釣れるようになるのかな。

余談ですが、投げサビキが届くくらいの距離で漁船が作業してて困りました・・・
漁船が来るくらい魚が居るんだと前向きに取ることにします。


同じ日に同じ場所に来ていた方もタチウオ釣れたようです。

【釣行ログ】7/9 タチウオ@青岸

激務が続く中、尾崎まで行く用事があったので、紀ノ川河口にある青岸というところに行ってきました。

紀ノ川河口 青岸

場所は和歌山にある紀ノ川の河口にある堤防です。北側にはテトラが入っています。
駐車場は堤防の根元に止められます。※無料

和歌山はタチウオが釣れ出すのが早く、釣具屋さんの釣果を見てるとマリーナシティでは5月末くらいから釣れています!

朝マズメ勝負

現地へはAM4時に到着しました。混雑していると思って早めに来たのですが、言うほど居ません。
大阪湾のタチウオシーズンの混雑具合を予想していたのですが、全然でした。和歌山だと釣れるところが多いからなのでしょうか?

とりあえず、堤防先1/3くらいのところに釣り座を構えます。テトラは怖いので南側向きで。
電気ウキがポツポツと並ぶ中、ワインドで勝負です。

半年ぶりのワインドでしたが、体が覚えてました。

時合は突然に

常連さん達が横で会話しているのを聞いてると、前日はAM5:20くらいだったようです。

AM5:40くらいだったでしょうか、テトラ側でドラグ音が鳴るのが聞こえます。
タチウオが上がるのが見えたので、すぐに仕掛けを回収しテトラ側に移動しました。

数投すると、ガツンと来ました。シャッドテールのただ巻きでした。
結構引きが強くサイズが期待できます。この感じ懐かしいなぁと思いながら足元のテトラに気をつけて抜き上げます。

指4本くらいの良型です。
すぐに外して、再トライです。

海面を見ると、ボイルが見えます。ちょうど着水した近くでボイルが見えた直後に、ガツンと来たのですが、乗らず・・・
その後も何投しますが、釣れず。時合は終わったようです。15分くらいの短い間でした。

タコも釣れる

帰りに駐車場で常連のおっちゃんに声をかけられ話をしていたのですが、ここはタコも良く釣れるようです。昨年100杯釣ったよと話してくれました。

まとめ

今日は5本釣れた人も居たようです。和歌山のポテンシャルを感じました。学生時代に和歌山に2年ほど住んでいたのですが、その頃に釣りに目覚めていれば行き放題だったのになと思ってしまいました。
神戸からだと遠いので行く機会は少ないですが、もし和歌山近辺に来る機会があればついでに寄ってみて下さい。

貴重な1本。秋に比べると脂のノリはまだまだでしたが、お刺身で美味しく頂きました。

【釣行ログ】5/10 オフショアデビュー 実釣編 舞鶴 白石グリ

すいません、ブログ更新の時間が取れなくて準備編から時間が開いてしまいました。

まるいち丸

今回お世話になった釣り船は、伊根にある「まるいち丸」さんです。
まるいち丸さんは宿業もやられているようなので、遠方から来た人は前日宿泊してそのまま翌日釣りに行くことが可能です。 誘って頂いた方のお仲間さんも一緒になり乗合ではなく仕立てとなりました。
まるいち丸ZERO−1 釣りラクゼーション!

いざ出船

到着してからタックルにルアーをつけたり準備をしていると、出船時間の7時になりました。
初めてのジギング&船釣りで不安の中いざ出船です。

白石グリ

まずは、白石グリを目指します。
白石グリを知らない人のために場所の説明を。
と言っても自分も知らなかったので調べました。

下の地図で赤色のポイントが白石グリと呼ばれるポイントです。ここは急に深くなっていて水深100mほどあります。
正式名称は「白石礁」のようです。午前10時〜日没後2時間(但し10時〜11時は錨止めする遊漁は禁止)

詳しくは京都府漁場利用協定のホームページでご確認下さい。
漁場利用協定/京都府ホームページ

釣れない

出発後すぐは協定でポイントには入れないので周辺でジグを落とします。
初シャクリ!
うーん、事前にYoutubeなどで予習はしていましたが、ぎこちない動きです。

同行者の動きをお手本にシャクリます。
船長が鳥山を探しながらポイントへ向かいます。
まだ、船内誰もヒットがありません・・・

同行者が数週間前に来たときも、同じような感じだったけど、ポイントへ着くなりすぐにヒットしたという話を聞いていたので、期待が高まります。

ポイント近くになると他の釣り船も集まって来ています。
そして、期待を込めてシャクリます!

・・・

ダメっすね。

船長が無線で他の釣り船と連絡を取っていますが、「今日は厳しい」という言葉が聞こえます。
他も苦戦しているようです。

船酔い

船長は、なんとしてでも釣り上げてもらいたいためか、少し離れた「浦島礁」と言う場所へ移動を始めます。※上の地図で青いポイントです。

ここへ1時間かかるとも知らず、不用意な体勢で船に揺られていたら、来ました・・・

船酔い対策で、氷を口に含むと良いという情報を手に入れていたので、氷を入れた水筒を持参してました。
段々口の中が乾いて来て、氷を含んで水分を取りますが、間に合いません。

浦島礁到着とともにリバースしちゃいました。

ここから辛い戦いが始まりました。

タイラバに切替え

タイラバで鯛が釣れているとの情報が入り、タイラバを始めます。タックルは持っていないので、レンタルで借りました。
落として巻くだけと聞いていましたが、100mも落とすと巻くのがしんどい・・・

船内で鯛が1匹上がりました!
くー、羨ましい。

他にもガシラとイカが。

オフショア振り返り

オフショアって1箇所に止まって釣りをするのかと思ってましたが、かなり頻繁に移動を繰り返すんですね。
手返し良く釣るためには、早く回収しないといけないので落としてすぐに回収命令が出た時は辛いです。

今回の反省点。
前回の準備編で少し触れましたが、ナイロンリーダーを使ったのは失敗でした。
というのも、ナイロンは伸びやすく100mもラインを出してシャクった際に結構伸びてたのではないかと。
実際、シャクった際にジグが遅れてついてくるような感覚がありました。

あとは、シャクリがまだまだぎこちないので、もっと勉強しないといけないですね。

修行の1日

船長が無線で他の船と情報交換をしていたのですが、当日(5/10)は、他の釣り船も苦戦していたようです。
人生初オフショアジギングでしたが、残念ながらボウズで終わってしまいました。
悔しくも途中船酔いで潰れてしまい、後半はほとんど釣りになりませんでした。
元々船には強くないので不安だったのですが、前日あまり睡眠時間が取れなかったのも原因かと。
次回は、しっかりと睡眠を取ってリベンジしたいと思います。

※この日は、釣果もホームページには記載されず無かったことになってます・・・